半休が使える派遣会社まとめ!会社選びで得しよう

在宅勤務で休んだ翌日の挨拶はどうする?テレワークのマナーとは

新型コロナウイルス対策として、在宅勤務を取り入れる企業が増えています。

急速に広まった勤務形態のため、細かいマナーや礼儀作法がよく分からないという方も多いでしょう。

ここでは、Teams(チームス)などを使ったテレワークでの人付き合い、マナーなどの作法について詳しく紹介していきます。

これを守れば職場の人間関係も円滑に!

在宅勤務のマナーまとめ

在宅勤務の始業のあいさつは?

テレワークの場合、始業時間になったら各自で業務を開始することになります。

本当に時間通り始めているか分からなくない?

実際問題そうなのですが、時間ぴったりに業務開始するか監視している企業は少ないです。

たいていの場合、上司にメールかチャットで業務開始連絡をします。

内容はシンプルで、メールに「業務開始します」と書けば十分でしょう。

このとき、ほかのメンバーへのあいさつは不要のケースが多いです。

Teamsなどでグループチャットが設定されている場合でも。毎朝「おはようございます」と書き込むのはお互いにとって面倒でしょう。

Teamsならオンライン状態か一目で分かるし、そのほうが効率的ですね。

在宅勤務の終業時のあいさつは?

オフィスに出社している場合、帰る時には「お疲れさまでした。お先に失礼します」とあいさつするのがマナーです。

在宅勤務の場合、始業時と同じく上司にメールかチャットで就業連絡を送信します。

始業時と異なるのは、チームのメンバーにも「お疲れ様です」と声をかけたほうがいい場合もある点です。

毎日定時で全員の仕事が終われば問題ないのですが、残業しているメンバ―がいる場合、勝手に終業すると印象が悪くなります。

終業時のマナー

自分の業務が終わったら、チームのメンバーに「お先に失礼します」とあいさつする。

ただし上司への連絡ほどの重要性はないため、Teamsのグループチャットで送るくらいのカジュアルなもので十分です。

メンション(通知)する必要も特にないでしょう。

在宅勤務で仕事を休む場合は?

病気や私用で仕事を休む場合、通常なら上司、周りの同僚などに事前連絡しておくのがマナーです。

在宅勤務の場合も、予定が分かり次第事前連絡しておくようにしましょう。

理想的な手順としては、以下のようになります。

  1. 上司に休みたい旨を申し出て許可をもらう。
  2. チームメンバー全員にメールで休む日を知らせておく。
  3. 休む前日にグループチャットで連絡すると丁寧。

基本的には、休むことが分かった時点で、上司とチームのメンバーにメールで連絡することが必要です。

余裕があれば、前日にグループチャットで「明日はお休みをいただきます」とひとこと送っておくと丁寧でしょう。

休んだ翌日のあいさつは必要?

仕事を休んだ翌日は、ちょっと気まずさを感じるという方は多いのではないでしょうか?

自分の有給休暇を使って休むのは権利のはずですが、一般的には「すみません」と言ってあいさつするのが広まっています。

在宅勤務の場合でも、基本的な考え方は同じです。

在宅勤務で休んだ翌日のあいさつ

グループチャットで「お休みをいただきありがとうございました」と送る。

予定通りに休みを取って勤務する場合、とくに個別でメールを送らなくても大丈夫です。

急な病欠などで多少なりとも迷惑をかけたのであれば、「ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした」と一言添えると印象がアップします。

昼休みを取る時は連絡する?

昼休みを取る前に、「いまからお昼休みをいただきます」と連絡するという職場もあります。

チームで業務を進めている場合など、席を外すと影響が出る場合には連絡が必要です。

ただし個人プレーの多い業務であれば、特に連絡は必要ありません。

既定の昼休みから大幅にずれてしまう場合など、特殊な場合には連絡した方がスマートです。

Teamsのグループチャットのビジネスマナーは?

リモートワークや在宅勤務で急速に普及しているTeamsは、ファイルや会話のやり取りが一括管理できる便利なツールです。

LINEのように気軽にやり取りできるのも魅力です。

しかし気軽だからこそ、上司とのやり取りに迷ってしまうというケースもよく聞かれます。

ここでは、Teamsでよくある疑問を解決していきます。

宛名、あいさつは必要?

メールの場合、「●●様 いつもお世話になっております。~」といった定型文から書き始めるのがマナーです。

しかしTeamsはLINEのように吹き出し形式の短いレスポンスが可能になっており、よりカジュアルな雰囲気となっています。

そのため特に形式ばったあいさつは不要で、いきなり本題に入っても問題ありません。

一般的には、「お疲れ様です。」から会話を始めるのがよいでしょう。

Teamsでの会話の始め方

宛名、あいさつは無しで「お疲れ様です。」だけでOK!

「いいね」の絵文字は使ってもいい?

Teamsでは、相手の送ったメッセージに対して絵文字でリアクションを取ることができます。

SNSでの「いいね」ボタンのようなイメージで、手軽にこちらの意思を伝えられます。

カジュアルすぎて上司に使っていいのか迷う…

こちらのボタンを使っていいかどうかは、チームの雰囲気によるでしょう。

基本的には部下の立場から上司宛に絵文字を送るのは失礼なので、最初は様子を見るのが無難です。

チームの全員が「いいね」で反応している様子であれば、周りに合わせて使いましょう。

メッセージの誤送信を防ぐには

Teamsのメッセージは、Enterキーを押すと送信されてしまいます。

改行したつもりが間違って送ってしまった…!

改行するには「Shift + Enter」とする必要があるのですが、ついつい癖で忘れがちですよね。

誤送信を防ぐには、メモ帳に下書きしてからTeamsにコピペするのが確実でおすすめです。

メモ帳はどのパソコンにも最初から入っているアプリで、スタート画面の検索欄で「メモ帳」と検索すれば出てきます。

ここならどれだけ間違えても誤送信する心配はありません!

手順としては以下のようになります。

  1. メモ帳アプリで下書きする。
  2. メモ帳の文章を「ctrl + C」でコピーする。
  3. Teamsに「ctrl + V」でペーストする。

右クリックでのコピー&ペーストでもOKですが、コントロールキー(ctrl)を使うと時短になります。

在宅勤務でも人間関係を円滑に

世の中に在宅勤務が定着しつつあり、今後もこの流れは変わらないでしょう。

同じ会社でも、パソコンの画面を通してしか会ったことがないというケースも珍しくなくなってきました。

対面ではないからこそ、付かず離れずの心地よい距離感を保てるようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA