【最新】派遣会社の新型コロナ対策まとめ

最低限覚えておきたいショートカットキー9選!

パソコン操作はショートカットキーで早くなる

私は仕事を始める前はパソコンが苦手で、何をするにも時間が掛かっていました。

ショートカットキーを教えてもらってから、無駄な動作が減って作業がぐんと早くなりました!

パソコンを使う人ならぜひショートカットキーをマスターすることをおすすめします。

ここでは、最低限覚えておきたいショートカットキーを紹介していきます。

[itemlink post_id=”1812″]

コピー

「Ctrl」(コントロール)+「C」
⇒コピーしたい箇所をマウスで選んで反転させ、「Ctrl」+「C」を押せば大丈夫です。
 コントロールキーを左手小指で押さえながら人差し指で「C」を押す形です。

ペースト

「Ctrl」+「V」
⇒先ほどコピーしたものを貼り付けるときに使います。Cの横なので覚えやすいです。

すべて選択する

「Ctrl」+「A」
⇒ページ全体を間違えて修正したい場合や、コピーしたい場合などに便利です。

直前に行った動作を取り消す

「Ctrl」+「Z」
⇒間違えて何かを消してしまった場合でも、このショートカットを使えば失敗がなかったことにできます。

上書き保存する

「Ctrl」+「S」
⇒このショートカットを使えばこまめに保存できるので、データが全部消えるなどのリスクが減らせます。

印刷する

「Ctrl」+「P」
⇒表示されているページを印刷するときに便利です。

Excelで一番端のセルまで選択する

「Shift」+「Ctrl」+「矢印」
⇒たとえば、一番上のセルを選択して「Shift」+「Ctrl」+「↓」を押せば、最後のセルまで選択できます。

スクロールで全部選ぶよりも確実で、一瞬で出来ます。

矢印の4方向どれでも使えます。

Excelで真上のセルをコピーする

「Ctrl」+「D」
⇒「コピー+ペースト」は2つの動作が必要ですが、こちらのショートカットは真上のセルをコピーして貼り付ける作業が1つの動作でできます。

予測変換

「Tab」(タブ)
⇒直前までの入力履歴から、次の語句を予測して提示してくれます

よく使う単語などがすぐに出てくるので、長文を書くときに便利です。

まとめ

パソコンでよく使うショートカットキーをまとめました。

他にも色々とあるようですが、最低限覚えておきたいものだけでも十分便利です。

作業の効率化にもなるので、ぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA