【最新】派遣会社の新型コロナ対策まとめ

昼休みにおすすめの過ごし方まとめ!お一人様ランチが気楽?

昼休みの1時間はどう過ごす?

事務職の派遣社員は、12:00~13:00が昼休みというケースが多いです。
その時間は基本的に何をしていても自由ですが、みなさんはどうやって過ごしているのでしょうか?

同僚とランチに行く人もいるものの、一人で過ごしている人も結構多いです。
私の勤務先でも、自分のデスクや休憩室で単独ランチを取っている人が半分くらいという印象です。

スマホを見てる人や、早めに食事を済ませて昼寝している人が多いです

派遣社員の昼休みを一人で過ごすメリット

対人ストレスがない

誰かと一緒にランチをとるのも楽しいですが、結局一人がいちばん楽です。
相手によって話題に気を遣ったり、見栄えのするお弁当を作らなければならなかったりと弊害が多いと思います。
仕事で気を張っているぶん、昼休みくらいはストレスなく過ごしたいという人は多いでしょう。

節約になる

一緒にランチを食べる場合、外食になることが多いです。
そうすると1000円程度は掛かります。
たまに食べるのは気分転換になりますが、毎日はお財布に厳しいですよね…
一人ランチであれば、自分でお弁当を作ったりスーパーで購入したりと自由に選べてリーズナブルです。
また見栄えを気にする必要もないので、前日の残り物や冷食づくしでも何でもアリです。

好きなことに時間を使える

昼休みはたった1時間ですが、有効に使えばいろいろなことができます。
ぱぱっと食事を済ませて銀行に行ったり、たっぷり昼寝をしたりと思い思いに過ごせます。

派遣社員の昼休みにおすすめの過ごし方は?

私はいつも昼休みには雑誌を見ています。
とはいっても紙で読んでいるわけではなく、スマホで見られるサブスクサービスを使っています。
私のおすすめは、総合的にお得なAmazonプライムです。
こちらを選ぶにあたってほかのコンテンツサービスも検討したので、比較した結果を以下にまとめました。

Amazonプライム:映画・音楽のほか雑誌も!配達サービスも充実

私はAmazonプライムに登録していますが、主なサービスは以下の通りです。

・Amazon配送料無料、お急ぎ便無料など

・プライムビデオ(映画、アニメ、オリジナルコンテンツなど)

・プライムミュージック(音楽)

・プライムリーディング(電子書籍、雑誌、漫画)

映画は割と新しいものもラインナップされており、内容は毎月変わります。オリジナル作品も最近充実していて、最近ではBEAUTY THE BIBLEにハマっています。

雑誌の無料ラインナップが少なめなのが難点かもしれません。ただ「Oggi」や「美的」といったメジャー雑誌の中にも、無料で読めるものはあります。

ミュージックは、メジャーな音楽からマニアックな洋楽まで揃っています。アルバム収録曲などはmusic unlimited(追加料金780円)でないと聴けないことが多いですが、私は無料版でもわりと十分だと思います。

利用するにはそれぞれのサービスのアプリを取りましょう!

映画は「Prime Video」、音楽は「Amazon Music」、雑誌は「Kindle」です。

月額 500円(4900円/年プランもあり)
コンテンツ数 動画7万本、音楽200万曲、電子書籍900冊
キャンペーン 30日間無料

FOD:ドラマも雑誌も楽しみたい人向け

FODはフジテレビが提供するサービスです。
現在放送中のドラマだけでなく、バラエティ、アニメ、 映画など5000本以上を揃えています。
なんだかんだ言ってもフジテレビのドラマは話題になりますし、観ている人は多いです。
またバラエティを見逃しても見返せるので、結構便利です。
雑誌のラインナップは『BAILA』『Precious』『CLASSY.』『Oggi』『MORE』『美的』『MAQUIA』『SPUR』『Ray』など、主要なものはだいたい読めます。

月額 888円
コンテンツ数 フジテレビ動画5000本、雑誌100誌、漫画15万冊
キャンペーン 1か月無料

 

ブック放題:旅行やお出かけに強い

旅行雑誌でおなじみの「るるぶ」を含む読み放題サービスです。
人気雑誌200誌以上、名作マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が月額500円で読めます。
旅行雑誌って意外と高いので、その都度買うのはもったいないですよね。
週末にどこに行こうか考えるのにも使えるので、昼休みの暇つぶしにぴったり。

月額 500円
コンテンツ数 雑誌・るるぶ350誌、漫画30,000冊
キャンペーン 1か月無料

Tマガジン:雑誌が多くコスパがよい

Tマガジン はTSUTAYAグループが手掛けるサービスで、雑誌、漫画などが約450誌と豊富です。
何より月額400円という安さも魅力で、人気雑誌だけ読めればいいという人には使いやすいサービス。
初月無料キャンペーン中なので、1か月だけ試すのもおすすめです。

月額 400円
コンテンツ数 雑誌・マンガ450誌
キャンペーン 1か月無料

 

DAZN:スポーツ好きにおすすめ

DAZN スポーツに特化したチャンネルです。
Jリーグやプロ野球の試合がオンデマンドで観られます。
日本だけでなく、セリエA、MBL、F1といった世界最高峰の試合も観られるのがポイントです。

月額 1750円
コンテンツ数 年間10,000試合
キャンペーン 1か月無料

 

観劇:ライブ感を楽しみたい方に

最近舞台がじわじわと人気ですが、観劇に特化したサービスも登場しています。
観劇三昧 は小劇場で上演されている作品がメインなので、これからブレイクする俳優の成長を見届けられるという楽しみ方ができます。
ほかの定額制動画サービスに飽きてしまって、新鮮な作品を楽しみたいという方にもおすすめです。

月額 950円
コンテンツ数 1300作品以上
キャンペーン 特になし

 

派遣社員の昼休みは自由に過ごそう

仕事を頑張っているぶん、昼休みはぜひ思い思いに過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA