おうち時間で自分磨き!美容家電特集

この差って何ですか?12/17 老けて見える髪形とそうでない髪形の違い

TBS系「この差って何ですか?」12/17放送分の覚書として、番組の内容をまとめました。
髪形やメイクで若く見せる簡単なポイントを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてください。

老けて見えるポイントは2点!

老けて見えるポイントは、以下の2点です。

・眉毛と目の距離が遠い
・鼻と口の距離が遠い

そのため、上記2点を解消すれば若く見えるという理論でした。

髪形で若く見せる

前髪を作る

1点目の眉毛と目の距離について、前髪を作ることで隠すという方法がおすすめされていました
年配の女性はおでこを上げているスタイルが多いですが、前髪があるだけでかなり若々しく見えます。

ひし形ボブで小顔効果

引用:https://spread-sports.jp/archives/16186

また、ひし形のボブにすると顔を小さく見せる効果があるそうです。
米倉涼子さんや吉瀬美智子さんなどもこのスタイルです。

髪にボリュームを持たせることで、顔自体が小さく見えます。

メイクで若く見せる

上唇のリップをオーバーに描く

2点目の鼻と口の距離については、整形しないと無理なのでは?と思ってしまいますが、じつはメイクで修正が可能です。
上唇の上のラインをオーバー気味に描くことで、鼻までの距離が縮まるのです。

個人的には、マキアージュなどの落ちにくいリップを使うのがおすすめです。
指原莉乃さんは「これをしないとテレビに出られない!」と言っており、実際にオーバー気味に描くことでバランスよく見えていました。

眉毛を流行の形に

さらに、重要なのが眉毛の形です。
眉毛の形は世代によって流行が変わります。バブル期には細眉が流行っていましたが、今では平行太眉が主流ですね。
ついつい最初にメイクを覚えた時代の形で描いてしまいますが、やはり時代遅れの印象に見られがちです。
そのため、若く見られるには目と平行・太目に描くのがおすすめです。

太眉を簡単に描くなら、河北裕介さんもおすすめしている&beがぴったりです。

年齢を重ねるにつれて雑誌を見なくなってきているので、定期的にチェックしないとな…と反省しました。

ポイントを押さえて5~10歳は若く見える!

番組では、50歳代の女性を実験台として、いくつに見えるか街頭インタビューしていました。
最終的に、実年齢よりも5~10歳は若く見られるという結果に。

逆に言えば、大人っぽく見られたければ前髪を上げ、リップを重ねすぎないなどで印象を変えられます。

少しメイクや髪形を変えるだけで見え方が変わるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA