おうち時間で自分磨き!美容家電特集

2019・第16回東京蚤の市に行ってきた!キャッシュレス対応で便利!

2019・第16回東京蚤の市に行きました

東京蚤の市2019

11月15日~17日に、立川の昭和記念公園にて第16回東京蚤の市が開催されています。

かわいい雑貨や小物、食べ物が集まる蚤の市で、かわいいもの好きにはたまらないイベントです。

見ているだけでも楽しいですね!

今回のテーマは「2泊3日の世界旅行」ということで、パスポートをモチーフにした会場マップをもらえました!

東京蚤の市がキャッシュレスに進化していた!

前売りのウェブチケットが購入可能に

これまでは当日券のみの対応だったと思いますが、(違ったらごめんなさい…)今回の東京蚤の市では、チケットの前売り制度が導入されていました。

当日券は1000円、前売り券は800円です。

200円もお得!

ただ、5月開催の大井競馬場での蚤の市は700円だったので、多少値上がりしたかなという印象です。

前回の大井競馬場は入り口のスペースが狭くて、入場まで何十分もかかるというトラブルがありましたね。

そんなこともあって、広いスペースがある昭和記念公園になったのでしょうか?

 

さらに駅からの道には複数のスタッフが立っており、迷わないように案内されていました。

これまで大井競馬場、東京オーヴァル京王閣での蚤の市に行ったことがあるのですが、個人的には昭和記念公園がいちばんよかったと思います。

広さ、アクセスの良さが◎です!

広い芝生でご飯を食べたり、お昼寝したりしている人も多かったです。

ただ、屋根がないので荒天時は△かもしれません。

 

ウェブ上の前売り券は、クレジットカード決済で購入可能でした。PASS MARCKETのもぎりチケットを利用した方式となっており、会場入り口でスマホ画面を提示します。

ただし一度受付すると元に戻せないので、誤って操作しないようにする必要がありますね。

スマホ提示で受付が完了するから入場手続きは一瞬で済みました!

 

カード、アプリ決済が使えるお店が増えた

これまでの蚤の市やフリマは、基本的に現金での支払いが多かった印象です。

今回もたくさん買うつもりで、小銭をじゃらじゃら持っていきました。

しかし今回の東京蚤の市では、クレジットカードやPayPayなどのスマホ決済が使えるお店が増えていました!

 

上図のように、5%還元のPOPを掲載しているお店もありました。

キャッシュレス派の私にとってはとても嬉しかったです!

現金をやりとりする手間がないので、買い物がスムーズです。

かわいいものがたくさん!

アクセサリーから食器、雑貨、衣服など、かわいいものが目白押しでした。

ヴィンテージのアクセサリー。

革製品のお店は男性のお客さんも多かったです。

アンティークガラスの食器。1個500円とお値打ちでした。

イギリス軍で使われていた軍服。シンプルでかっこいいですね。

なぜかドアが売っていました。持って帰るのが大変そう…

ガラスや1点もののカップ。

北欧柄の布製品も可愛かったです。

こちらは猫柄のトートバッグ。自分で目や鼻を描いて仕上げられるワークショップスペースも設けられていました。

ヨーロッパ製のアンティーク食器。レトロなデザインがおしゃれです。

どれも可愛くて眼福でした!

お土産にハンカチを買って帰りましたよ~

 

東京蚤の市は進化していた!

毎回かわいいものに出会える東京蚤の市ですが、今回は「キャッシュレス化」が大きく変わったポイントだなと感じました。

クレジットカードやPayPayなどのスマホ決済が使えて、政府による5%還元キャンペーンの対象となっているお店も多かったです。買い物が便利な上にお得感もあるので、とても良いと思います。

今回は立川の昭和記念公園での開催で、芝生の会場がとても良かったです。

次からの東京蚤の市も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA