おうち時間で自分磨き!美容家電特集

パーマが上手くかからなかった!掛け直すときに注意するポイント

先日、久しぶりにパーマを掛けたときの話です。

初めて行く美容院で、あまりきつく掛かってしまうのを避けたかったので、ゆるい大きめのカールで…などとオーダーしました。
施術後はとてもいい仕上がりでご機嫌で帰宅したのですが、夜になると右半分のパーマだけ取れているようです。
旦那に見てもらっても、右側だけ掛かってないよと言われたので、やっぱりパーマを掛け直してもらうことに。
ここでは、その時の流れを紹介します。

パーマかけ直しをするポイント・コツ

美容院には1週間以内に電話する

掛け直しが初めてということもあり、お店の人にクレーマーのように思われそうで少し気が引けていました。
しかし、勇気を出して美容院に電話すると、「ご迷惑をお掛けしてしまって申し訳ありません」と逆に謝られるという結果に。
1週間以内なら無料で直せるとのことでした。
ほかの多くのお店でも、同じようなサービスを行っていると思います。

掛け直しの電話は勇気がいったけれど、親切に対応してもらえました

あくまでも「好みの問題」と伝えると誰も傷つけない

 

美容院への電話で気を付けたいのは、かけ直しの伝え方です。
腕が良くなかったからという伝わり方をしてしまうと、担当の美容師さんが嫌な思いをするでしょう。

もちろん本当に腕が悪いケースもありますが…

そのため、「私の好みの問題だと思うんですが、もう少し強めに掛け直すことはできますか?」と伝えると、誰も嫌な思いをしません

私は接客の仕事をしていたことがあり、お客さんからのクレームを受けた経験も多いです。
その際、意外と気になるのが周りのスタッフからの目です。
小規模なお店になるほどスタッフの関係も濃くならざるを得ず、失敗する人」というイメージが付くと辛いものがあります。

 

特に女の職場は、揚げ足をとって悪口いう人もいますよね…

そのため、電話に担当の美容師さんが出たときはもちろん、ほかのスタッフが出た場合でも同じように伝えるのが良いのではないでしょうか?

 

美容師さんを悪く言わないことがポイント!

再来店では掛け直すポイントを明確に

私は右半分のパーマが弱かったので、再来店では右側だけ掛け直してもらいました。
最近のパーマは改良されて髪に優しくなっているとはいえ、何度もかけるのはダメージに繋がります。
無駄に髪を傷めないよう、どの部分を掛け直したいのか明確に伝えましょう。

トリートメントのサービスがあるかも!

私の行った美容院では、「ご迷惑をお掛けしてしまったので」とリートメントをサービスしてくれました。

私のわがままで掛け直してもらったのに、逆に申し訳ない気持ちに…

お店によっては、かけ直しのお詫びとして何かしらのオプションを付けてくれる場合があります。
しかし、自分から要求してしまっては本当のクレーマーになってしまうので止めましょう。

 

最後には「またお願いします」で気分よく帰ろう

施術が終わると、美容師さんがたいてい出口まで見送ってくれますよね。
その際に、「またお願いしますね」と伝えるのがおすすめです。
美容院が利益の出ない掛け直しサービスを行っているのは、お客さんにまた来てもらうためです。
特に、ホットペッパーで安い新規プランを出しているお店は、リピーターが増えることで利益が出る仕組みとなっています。
そのため、帰り際に「また来ます」ということで、美容師さんに最大限の感謝の気持ちを伝えられるのではないでしょうか?

お互いに気持ちよく帰れます!

パーマの掛け直しは堂々とお願いしよう!

 

最初は「クレーマーだと思われないかな」と恐る恐る電話したのですが、とても親切に対応してくれて大満足の結果となりました。
パーマは結構お金が掛かるので、失敗してしまってはもったいないです。
気に入らない箇所があれば、遠慮なく伝えてみるのがおすすめだと思います。
あくまでもお店の好意で行っているサービスなので、追加料金が掛かるケースもあるため注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA