おうち時間で自分磨き!美容家電特集

東京オリンピックチケットに当選したら?落選しても大丈夫!リセール情報も

東京オリンピックのチケット当落が発表!

6月20日に東京オリンピックチケット当確が発表されます。

ここでは当選した場合の手順や、落選した場合の対処法などを紹介していきます。

落選してもまだまだチャンスはあります!

東京オリンピックチケットの基本ルール

チケットに当選したら、一括で購入することがルールです。

ただし不要になったチケットは「リセール」で公式HPから売りに出せる仕組みが予定されています。

転売禁止が広がってる流れからでしょうか。

東京オリンピックと直接の関係はないですが、ラグビーW杯のチケットで行われたリセールの方法は下記の通りです。

ラグビーの場合、リセールに出すと手数料が2%取られるシステムです。

↓詳しくはこちらをご覧ください。

オリンピック公式から当落のメールが届く

チケット当落結果は、登録したメールアドレス宛てに届きます。

このときメールにはURLの記載がなく、自分でマイページを検索してログインする必要があります。

これは偽物による詐欺を防止するためだそうです。

もしURL付きのメールが届いたら、騙されないように注意しましょう。

チケットを購入する

当選したらチケットを購入します。当選したチケットはすべて一括で購入しなければならないので注意しましょう。

購入期限:7月2日まで
支払方法:現金決済(コンビニ・30万円未満)/ クレジットカード払い(VISAのみ)
クレジットカードはVISAだけなので注意!

カードを作るなら、主婦や学生にも審査が優しい楽天カードがおすすめです。

来場者名前・連絡先を登録する

チケット購入時に、来場する人の名前・連絡先を登録する必要があります。

観戦当日まで変更は可能なので、ひとまず行ける人の名前を登録しておけばよさそうです。

また「東京2020みんなで応援チケット」に当選した場合、子ども、シニア、障がいのある方の区分も登録する必要があります。

チケットが不要になった場合はリセールで!

2020年春以降、東京オリンピック公式サイトでリセールできるサービスが実施予定です。

まだ詳細は発表されていませんが、ひと足早くリセールサービスを行っているラグビーワールドカップと同じような形式になると思われます。

不正な取引は禁止されているので、公式のリセールを介するようにしましょう。

オリンピックチケットに落選した場合

タップで拡大

東京2020公式HPより引用

今回の抽選で惜しくもチケットに外れてしまった場合、先着順での販売も用意されています。

先着チケット(HP上):2019年秋以降に販売スタート

抽選に当たった人が不要になったリセールの分も増えるため、まだまだ購入できるチャンスはあります。

さらに都内に直営の公式チケット販売所も設置されます。

公式チケット販売所:2020年春以降に販売スタート
シニア層はこちらに流れそうです。

落選者向けに二次抽選が行われる

【2019.7.5追記】

チケットすべて落選してしまった人向けに、8月ごろに二次抽選が行われるようです。

また、本来先着順で販売予定だった分も、抽選で販売されることになりました。

先着だと、混雑しすぎてトラブルが予想されるからだそうです。

ぜひ東京オリンピックを生で観戦しよう!

ここまで、オリンピックのチケットを購入する際の手続きなどを紹介してきました。

もし落選していても、購入できる機会がまだまだ設けられているので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA