おうち時間で自分磨き!美容家電特集

鼻うがいは風邪・花粉症対策におすすめ!簡単な方法も

鼻うがいとは

鼻うがいは、その名の通り鼻を洗浄液で洗い流すことです。
鼻をかんでも出せない奥の鼻水や粘液が流れるので、すっきりします。
しかし、あまり一般的ではないので、やったことがないという人は多いのではないでしょうか?

しかし、実際にやってみると風邪予防に効果抜群だったので、方法や効果を紹介していきます。
風邪や花粉のシーズンには、ぜひ試してみてください。

鼻うがいの効果は?

私はもともと副鼻腔炎(蓄膿症)の症状が見られ、いつもちょっとした風邪からすぐに悪化してしまいます。
今回は、喉が痛くてサラサラの鼻水が大量に出て、風邪を引きそうな状態のときに鼻うがいを試してみました。

仕事から帰宅してすぐに行います。
鼻水が大量なので、まず鼻をかみます。
私が使ったハナノアは、専用の器具が付属していて使いやすくなっています。

洗浄液にはミントの香りが付いており、洗い流すとすっきりした気分になっておすすめです。
鼻うがいをすると詰まっていた鼻が通り、かなり快適になりました。

このおかげか、風邪に悪化することなく乗り切れました!

鼻うがいの方法

鼻うがいは、以下の手順で行います。ハナノアなどの鼻うがい専用セットがあると便利です。

  1.  器具に洗浄液20ml程度を入れる。
  2.  片方の鼻に洗浄液を少しずつ流し込む。
  3.  もう片方の鼻か、口から洗浄液を出す。

初めての人は無理せず、少しずつ行ってください。

鼻うがいのポイント

鼻うがいの上手なコツ

鼻うがいのCMなどを見ると、爽やかに洗い流してさっぱりとしているイメージがあります。
しかし最初から上手にできる人は少ないです。

私は実際に初めてやってみたら器官に入りそうで、おえっとなりました。

初心者は、以下のコツを守るのがおすすめです。

・初心者は、片方の鼻から洗浄液を出すようにする。
・「えー」と声を出しながら流し込むと、耳に水が入りにくい。
・洗浄液を入れる際には、上を向かない。


鼻の奥まで洗浄するには、口から出した方が効果が高そうに思えます。
しかし、慣れていない段階で口から出すのは至難の業です。
顔を横に傾けて、片方の鼻から流す方法だと簡単でしょう。

また、上向きにしてしまうと耳に水が入りやすいので、少しうつむき加減にしましょう。
声を出すのも耳に水が入りにくく、おすすめです。

はたから見るとちょっと怪しいですが、やってみてください!

鼻うがいの注意点

鼻うがいをするとすっきりするので、ついつい何度も洗いたくなります。
しかし、1日2回までに留めるようにしましょう。
あまりやり過ぎると、粘膜を傷つけたり耳に水が入ったりする危険が高まります。
おすすめは、起床時と帰宅時の2回です。

鼻うがいの洗浄液は自分で作れる?生理食塩水の簡単な作り方

鼻うがいは専用の洗浄液も販売されていますが、自分で作ることも可能です。
人間の体液と同じ0.9%の生理食塩水だと、鼻に流し込んでもツンとした痛みを感じません。
作り方は簡単で、1Lに対して9gの食塩を溶かすだけです。

しかし実際1回の鼻うがいで必要な量は多くても20mlで、たくさん作っても意味がありません。
そこでおすすめなのが、500mlペットボトルを使う方法です。
5gの食塩を溶かせば、約0.9%の生理食塩水が完成します。

新品のペットボトルなら清潔だし作りやすいですね。

洗浄液はなるべく使いまわさず、1~2日で使い切るのがおすすめです。

鼻の症状には鼻うがいがおすすめ

風邪のシーズンに鼻うがいデビューしたので、風邪しらずで過ごせました。
春になると花粉症で毎年憂鬱なのですが、鼻うがいを味方に付けたことで快適に過ごせるかも!と今から期待しています。
蓄膿症やその他のアレルギーなど、鼻の症状に悩んでいる人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

花粉症対策におすすめの方法

花粉症から蓄膿症に悪化してしまった際の、治療費まとめについてはこちら。

蓄膿症の治し方!チクナインと耳鼻科の効果・費用を比較

花粉をブロックする塗るマスクは、意外と効果的でした!

マスクなしで花粉を乗り切る方法!塗るマスクの効果は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA