おうち時間で自分磨き!美容家電特集

マネーフォワードプレミアム版を使ってみた!無料版との違い

マネーフォワード有料プレミアム版に登録

私は家計管理のために、スマホの無料アプリ「マネーフォワード」を使っています。

無料版でも十分満足していたのですが、有料のプレミアム版が30日間無料でお試しできるので使ってみることにしました。

ボシュロム レニューフレッシュ
created by Rinker

プレミアム版への移行手順

プレミアム版に移行する手続きは簡単です。

マネーフォワードアプリでは、右下の「その他」をタップすると上部にプレミアムサービスへの移行を案内するバナーが出てきます。

moneyforward アプリより引用

オレンジのバナーをタップすると、プレミアム版への登録画面になるので案内に従って入力していきましょう。

支払いは、AppStoreやGooglePlayに登録している方法になります。

無料期間が過ぎると毎月480~500円かかるので、残高に注意しましょう。

マネーフォワードプレミアム版のメリット

プレミアム版にはメリットがたくさんあります。

moneyforward HPより引用

特に私が良いと思ったのは以下の3点です。

  • 詳しい家計資産レポートが見られる
  • 詳しい資産内訳・推移グラフが見られる
  • 1年以上前のデータが見られる

無料版でも家計資産レポートや資産内訳・推移グラフは見られるのですが、有料のプレミアムの方がより細かく見られます。

スマホでの見方は、マネーフォワードアプリの右下の「その他」→「家計診断」と進みます。

プレミアム版では1年以上前の家計全体の月別収支グラフが見られるので、どれだけ収支が変動しているのか一目でわかります。

また理想の家計との差額がグラフになって出てくるため、使い過ぎの項目が分かって対策が立てやすいです。

下のグラフは実際の私の家計ですが、理想の家計との比較表が自動で作成されています。

この月は、衣服・美容にお金を掛けすぎていることが一目で分かって反省しました。

ここでは金額は隠していますが、実際には何円なのか表示されます。

moneyforward アプリより引用

自分の前月比の支出と比較したグラフも自動で作成されるので、前月よりも使い過ぎた項目は注意しようという意識付けにも使えます。

マネーフォワードプレミアム版のデメリット

マネーフォワードプレミアム版のデメリットとしては、料金がかかることです。

iPhone版であれば毎月480円、Androidなら毎月500円かかります。

1年にするとiPhone5760円Android6000円にもなってしまいます。

マネーフォワードの公式サイトでは、

プレミアム会員は、平均月24,728円の家計改善を実感

マネーフォワード公式HPより

というように紹介されていますが、効果は人によって違うので何とも言えません。

私はプレミアム版の活用の仕方を見つけられなかったので、そこまでの効果はあまり感じられませんでした。

メリットとして挙げられている「連携先データを常に最新状態へ」という点ですが、手動でも頻繁に更新しようと思えばできるので、特にメリットには感じませんでした。

マネーフォワードのプレミアム版は必要?

私は1年以上マネーフォワードの無料版を使ってきたのですが、プレミアム版を試してみてもあまりメリットが多いとは思えませんでした。

プレミアムで料金が発生するのであれば、例えばスケジュール帳と連動できる機能などがあれば便利なのではと思います。

使い過ぎてしまった日の予定を振り返りやすいのでは?

ひとまず有料プレミアムに関しては30日間無料なので、料金がかからないうちに解約しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA