おうち時間で自分磨き!美容家電特集

マネーフォワードの使い方!家族で連携すれば便利

家計管理にはマネーフォワードが便利

「マネーフォワード」は人気の無料家計簿アプリです。

銀行口座やクレジットカードが連携できるので、自動的に家計簿が付けられるのが便利です。

私も実際にスマホにダウンロードして使っているのですが、本当に放っておくだけで勝手に家計簿ができてとても便利です。

普段クレジットカードで買い物することが多いのですが、その買い物の内容を自動で判別してくれます。

スーパーでの買い物は「食料品」ドラッグストアなら「日用品」というふうにカテゴリ分けしてくれるのも、ずぼらな私にとっては嬉しい機能です。

マネーフォワードには無料版とプレミアム版があるのですが、無料版でも十分使えます。

1年分のデータがみられるほか、10件の連携先が登録可能で、グループを1件作成できます。

プレミアム版はiPhoneだと月額480円、Androidは月額500円の料金がかかるのですが、レポート機能で家計の推移が見られたり、理想の家計との詳しい比較ができます。

こちらでは、私が普段使っている無料版でのおすすめの使い方を紹介していきます。

まずは無料で試してみたいという人は、ぜひ試してみてください。

マネーフォワードのおすすめの使い方

メインのクレジットカード・銀行口座を連携させる

スマホに個人情報を連携させるのは怖い気もしますが、マネーフォワードならパスワード管理がしっかりしているので安心です。

私たちの場合は、夫婦共通の口座を連携させて、そこに紐づいているクレジットカードも連携させています。

マネーフォワードは銀行口座、クレジットカードどちらも「支出」として計上するので、二重に支出していることになるのでは?と思ってしまいますが、実際は違いました。

クレジットカードは、使用してしばらくすると「支出」としてマネーフォワードに計上されます。

そして、銀行口座はクレジットカードの引き落とし日になると、カードの合計使用額を「振替」として計上してくれるので、実際に使った額しか計上されないという仕組みです。


moneyforwardアプリより引用

こちらの場合だと、クレジットカードのビューカードでの出金は「交通費」として計上されたのですが、銀行の住信SBIから出金があったことは「振替」になっています。

この方式だと、何に使ったのか自動で家計簿に付けてくれるのでとても便利です。

財布を作成する

クレジットカードや銀行口座を登録したら、財布も登録しましょう。

これは、現金で持っているお金を付けられる機能です。

「口座」→右上の「連携」をタップすると、下の画面が出てきます。

moneyforwardアプリより引用

ここで、「財布(現金管理)」をタップすれば、財布が追加できます。

財布には、今までの家計簿アプリと同じように、手打ちで現金の収支を入力することができます。

また、口座から現金を引き出したときには、自動で口座のお金が減って財布に入るようになっているので、トータルでの資産がすべて把握できるようになっています。

現金で何か支払ったときには、忘れずに入力するようにしましょう。

しかしマネーフォワードを使っていると、いちいち入力するのが面倒になってきます。

私の場合は、計算機機能を使って楽に現金管理をしています。

例えば1万円を財布に入れてレジャーに出かけるときは、家に帰ってきたときに財布に残った現金を数えて1万円から引き算すれば、その日に使ったお金が分かります。

それを「趣味・娯楽費」として入力してしまえば、とても楽です。

現金で資産を管理するときにはおすすめです。

項目は細かく分けすぎない

マネーフォワードは、収支を細かく分類することができます。

たとえば、食費のカテゴリの中でも「食費、食料品、外食、朝ご飯、昼ご飯、夜ご飯、カフェ、その他食費」というように、8項目に分類されています。

私は最初アプリを入れた時、いろいろと分類するのにはまってしまい、いちいち項目を自分で修正したりして楽しんでいました。

しかしあとで家計簿としてまとめられたものを見てみると、食費の中でも細かく分けられすぎていて、自分でも何が何だか分からなくなってしまいました。

そのため食費であればざっくりと「食料品、外食」くらいに留めた方が、あとで見直しやすいと思いました。

家族の共通口座を連携させると管理が楽

家族共通の口座を夫婦それぞれのアプリで見られるようにすれば、2人とも家計の把握ができるのでとても楽です。

夫婦共通の口座は片方の名義で作っているのですが、2人ともアプリで連携することができています。

マネーフォワードでは、自分以外の名義の銀行口座でも、IDとパスワードが分かれば連携できるようになっているようです。

毎月の収支がお互いに共有できているので、使い過ぎているときには注意し合うことができて助かっています。

ただし自分以外の名義の口座は数か月に一回の頻度で連携期限が切れるようで、パスワードの再入力を求められるので、その都度入力しましょう。

まとめ

便利な家計簿アプリ「マネーフォワード」の紹介をしてきました。

 無料でありながら、家計全体の把握ができて改善点が把握できるのでとても便利です。

また家族の共通口座を夫婦で連携させれば、いつでも資産を確認出来て安心感が得られます。

夫婦でのお金の話もしやすくなるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA