おうち時間で自分磨き!美容家電特集

[東京のパン]ボンジュール・ボンのメープルメロンパンが美味しい!土日はメープル1.5倍!

東京には美味しいパン屋さんがたくさん

東京はパン屋さんの激戦区で、いつでも美味しいパンを食べることができます。

私はパンが好きで、よくおやつ用に買うことが多いのですが、その中でもおすすめのパン屋さんに出会ったので紹介します。

吉祥寺のボンジュール・ボン名物の「メープルメロンパン」は、今まで食べた中で一番美味しいメロンパンでした。

また、土日限定の「1.5倍メープルメロンパン」も食べてみたので、感想を紹介します。

食べたことがない人は、ぜひ食べてほしい味です。

パンというと自分用に買うことが多いと思いますが、こちらで紹介するパンは、ちょっとした手土産にもおすすめなので、ぜひお近くに行かれたら買ってみてください。

吉祥寺「ボンジュール・ボン」のメープルメロンパン

「ボンジュール・ボン」のメープルメロンパンは、私が食べたメロンパンの中で一番おいしかったです。

HPに紹介文にあるように、メープルとバターの香りがたまらない美味しさでした。

パン・オブ・ザ・イヤー2015メロンパン部門金賞を受賞したボンジュール・ボン人気ナンバーワンのメロンパンです。じゅわっとひろがるメープルバターが病みつきになります。

一般的なメロンパンは、普通のパン生地の上にクッキー生地をかけて焼き上げられていますが、ボンジュール・ボンのメロンパンは一味違います。

ボンジュール・ボンHPより

一見普通のメロンパンで、外はカリカリのクッキー生地になっています。

しかし、袋から出すとメープルシロップの香りがふわっと漂い、食べる前から期待が高まります。

 

ボンジュール・ボンのメープルメロンパンは中にもメープルシロップがたっぷり入っているので、噛むとじゅわっとメープルとバターが染み出てきます。

普通のメロンパンとは違って、中の生地まで美味しかったです。

焼き立てが一番おいしいのですが、家に帰ってからレンジで10秒ほど温めるとさらに美味しくいただけました。

少し温めると、中のメープルシロップが生地に染み込んで、フレンチトーストのようなジューシーな食感になります。

これは単なる菓子パンではなく、スイーツの部類に入れてもおかしくないと思えるほどの美味しさでした。

 

メープルメロンパンは、ボンジュール・ボンの人気ナンバーワンのパンとのことです。

1個175円と、メロンパンにしては少しお高めですが、スイーツと考えれば逆に安いと思います。

ついつい何個も食べられてしまいそうな美味しさですが、1個563kcalとご飯2~3杯ぶんくらいのカロリーなので、気を付けましょう。

1.5倍メープルメロンパンとは

通常のメープルメロンパンも美味しいのですが、特におすすめしたいのが「1.5倍メープルメロンパン」です。

これは、吉祥寺店・中野店・府中店・東村山店で週末限定で販売されています。

しかも、数量限定なので早めに買うのがおすすめです。

 

こちらが「1.5倍メープルメロンパン」です。

見た目は普通のメープルメロンパンと変わらないのですが、なんとメープルシロップの量が通常の1.5倍も入っているので、よりジューシーなメロンパンとなっています。

こちらが1.5倍メープルメロンパンの断面です。

切る時に少し潰れてしまったのですが、中にメープルシロップとバターのソースがたっぷり入っています。

切るとメープルの香りがしていて美味しそうです。

 

こちらも焼き立てが一番おいしいのですが、家で食べるときはレンジで10秒ずつ温めるのがおすすめです。

一度に長時間温めると生地がしんなりしてしまって美味しさが半減するので、10秒×2回で温めるのが美味しかったです。

食べてみると、カリカリの表面とメープルバターが良く合わさって、メロンパンのフレンチトーストを食べているような気分でした。

価格は1個230円と、通常のメープルメロンパンよりは50円高いのですが、その価値は十分にありました。

週末にお店に行ける方は、ぜひ買ってみてください。

ボンジュール・ボンの店舗

メープルメロンパンが美味しい「ボンジュール・ボン」は、中野・吉祥寺・東村山・府中にお店があります。

中野マルイの中に入っていた店舗は2019年2月27日に閉店して、現在は中野駅サンモール商店街店に集約されています。

本社は東村山市にあり、そこの工場でパンが作られているようです。

東京の西側だけでしか購入できないパンですが、出来立ての新鮮なパンをいつでも食べられるので、ぜひ行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA