おうち時間で自分磨き!美容家電特集

乾物で手料理にアクセント!にぼし・干ししいたけ・桜えびで出汁の風味が簡単に

普段の料理が物足りないなら乾物がおすすめ!

私は節約のため、基本的に毎日自炊しています。
しかし親元を離れてから10年ほど経つので料理にも慣れてきて、メニューがルーティン化しているのが悩みです。
そこでちょっとひと手間かけた料理が楽しみたいと思い、「乾物」を試してみました!

とにかく楽なので、毎日の献立に役立ててみてください

 

乾物でワンランク上の味わいに

乾物とは干ししいたけ、昆布、鰹節のような、天日干しした食材のことです。
以前までは「おばあちゃんが作るご飯に入っているもの」というイメージが強く、扱うのが難しそうだったので今まで使っていませんでした。
しかし料理に加えるだけで、ぐんと味に深みが増しました。
ここでは超簡単に作れるおすすめのメニューを紹介します。

煮干し

「煮干しでだしを取る」と聞くと、じっくり水から煮込んで出汁を取ってガーゼで漉すというようなイメージがありませんか?
しかし家庭料理なので、そのまま煮干しを食べても良いと思います。

煮干しをそのまま食べる味噌汁

引用:https://bit.ly/38bJZio
【材料(2人分)】
・煮干し10匹くらい(好きな野菜)
・わかめ小さじ1杯
・サトイモ1個
・まいたけ1/2パック
・味噌大さじ2杯
・水500ml

手順

  1. 煮干しを水に浸す
  2. その間に野菜を切る
  3. 野菜を鍋に入れ、沸騰するまで強火で煮込む
  4. 沸騰したら火を止めて味噌を溶かし、弱火で10分煮る

煮干しには小型タイプから5~6㎝の大型までありますが、そのまま具として食べる場合は小さ目がおすすめです。
煮込んでいるうちに出汁が出て、香りのよい味噌汁になります。

干ししいたけ

干ししいたけ
created by Rinker

しいたけを天日干しすることで、生よりも栄養価が増します。
そのままだとカピカピに乾いているため、使う前に水で戻しましょう。
戻す際に使った水には、しいたけのうまみが溶け出すのでそれも料理に使えます。

干ししいたけの戻し汁は料理に使おう

干ししいたけの基本の味噌汁

引用:https://bit.ly/2OwPtMQ

面倒な戻し時間を短縮したレシピです。時間がないときにぴったり!

【材料(2人分)】
・干ししいたけ3枚
(好きな野菜を好きなだけ)
・大根3㎝
・えのき1/4パック
・にんじん3cm
・味噌大さじ2杯
・水500ml

手順

  1. 干ししいたけを水に浸す
  2. その間に野菜を切る
  3. 干ししいたけが柔らかくなったら、石づきを取り除いて1/4に切る
  4. 火にかけて野菜が柔らかくなるまで煮る
  5. 火を止めて味噌をとかし、最後にひと煮立ちさせる

通常干ししいたけを水で戻す場合、戻し時間は24時間とされています。
しかしそんなに前から準備できる余裕はないので、いつも野菜を切る時間だけ水に浸しています。
それでも煮込んでいるうちにだしが出るので、十分美味しいです。

余裕がある方は、しいたけと同量の水をレンジで3分加熱する方法もおすすめです。
短時間でしいたけが戻ります。

干ししいたけのあっさりしょうゆ鍋

引用:https://bit.ly/2UBJhab

夕飯のメニューが鍋で決まっている場合、朝から鍋で干ししいたけを戻しておきます。
時間をかけて戻すと、うまみがしっかり出汁に出ます。

【材料(2人分)】
・干ししいたけ4枚
・豚肉300g
・白菜1/4
・もやし1袋
・にら1/2束
・はんぺん1枚
・にんにく一欠け
・水700ml
・しょうゆ50ml
・みりん50ml
・塩 少々

手順

  1. 鍋に水、干ししいたけを入れて数時間置く(朝浸けておくのがおすすめ!)
  2. しいたけが戻ったら、石づきを取って一口大に切る
  3. 野菜、肉を切って鍋に入れる
  4. 調味料をすべて入れ、沸騰するまで強火で煮込む
  5. 沸騰したら10分くらい弱火で煮込み、塩で味を調える

切って煮込むだけの簡単メニューです

ちなみに醤油:みりん:水は1:1:12の割合だとちょうどよくなります。
ここでは厳密に守っていませんが、最後に塩で味を調える前提なので大丈夫です。

桜えび

桜えびは見た目がピンクでかわいい上に、美味しい出汁も出ます。
トッピングにしてもおすすめです。

桜えびのふわふわ玉子

引用:https://bit.ly/388cyxc
【材料(2人分)】
・桜えび小さじ1杯
・卵3個
・白だし大さじ1杯
・水大さじ5杯
・塩 少々

手順

  1. 卵をボウルでほぐし、軽く塩で下味をつける
  2.  鍋に白だし、水を入れて沸騰させる
  3.  鍋に卵、桜えびを流しいれ、ゆっくりかき混ぜる
  4. 卵がふんわりと固まったら完成

白だしは濃縮タイプを使っています。
商品によって濃度が異なるので、適宜水の分量を変えてみてください。
桜えびの風味が卵とよく合って、メインのおかずとしてもおすすめです。

乾物で料理をワンランクアップしてみよう!

乾物を加えるだけで出汁が出るので、料理がワンランクアップします。

時間をかけて水に戻すのが本来の方法ですが、火にかけながら柔らかくしても十分美味しいです。

時間がないときも使えるメニューばかりなので、ぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA