おうち時間で自分磨き!美容家電特集

共働きの家計管理方法!上手に貯金するルール

共働きはお金が貯まらない…

我が家は、正社員の夫と派遣社員の妻という共働き家庭です。

どうしても「2人とも働いてるし何とかなるでしょ」と思っている節があり、2人とも外食やレジャーが大好きなので、休日になると散財する…という生活を送っていました。

共働きは、それぞれ収入があるのですぐにお金が貯まりそうと思っていたのですが、現実は甘くなく、結婚して1年たってもなかなか貯金できていませんでした。

そこで、家計管理の方法をいろいろと調べ、自分たちにあったルールにたどり着いたので、紹介します。

共働きで、楽しみながら無理せず貯金したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

我が家の家計管理方法

家計を見直す前は、夫が家賃・光熱費・インターネット代を負担し私が食費・日用品を負担していました。

レジャー費などの雑費は、その時の気分でお互いが出し合っていました。

しかし、これだとレジャー費がかさんだ時に、多く払っている方に不公平感が出てしまいます。

また、それぞれの負担を差し引いた残りはすべてお小遣いになっていたので、お互いがどれだけ使っているのか分からない状況でした。


そのため、まずは家計全体の支出を見られるようにしようということで、共通の財布を作り、毎月一定の額を振り込む方式に変えることにしました。

お小遣いの額は特に決めず、一定の額を振り込んだら残りは自由に使えるルールです。

この方法だと、毎月頑張れば頑張るほど自分のお小遣いが増えるので、モチベーションアップにもなって私たちにはぴったりでした。


私たちは、2人共通の財布として「住信SBIネット銀行」に口座を作りました。

この銀行を選んだ理由は、インターネットからの他行への振込無料回数が多かったからです。

毎月の家賃の振込をする際にも、いちいち銀行に振り込みに行かなくても、24時間どこでもスマホから振り込みができるので、とても便利です。


また、私たちはほとんどすべての支払いをクレジットカードでするようにしているので、カードの引き落とし口座も「住信SBI」に切り替えました。

そうすれば、カードで支払ったものはすべて共通の財布から出ていることになるので、レジャーに出かけるときに喧嘩になることもなくなりました。

また、どうしても現金しか使えない店ではどちらかの財布から払い、あとから住信SBIから個人の口座に振り込んでいます。

振込はスマホから1分程度で完了しますし、振込手数料無料回数が多いので、手軽にできて助かっています。


共通の財布を作る方法に変えてから、月に数万円は貯金に回せるようになっています。

毎月のお金の流れが分かるので、ここまでは使っても大丈夫という安心感も生まれました。

共働きの家計管理にはアプリが便利

私はスマホアプリ「マネーフォワード」を使って家計管理をしています。

毎月家計簿をチェックしているのですが、ほぼほったらかしで、私がする仕事はデータを見ることくらいです。

というのも、マネーフォワードは銀行口座やクレジットカードと連携することができるので、自分で入力しなくても、勝手に収入や支出の情報を反映してくれるからです。

クレジットカード会社にもよるのですが、買い物をしてすぐに反映されることも多いので、リアルタイムでデータを見ることができて便利です。


何よりも、今までの家計簿はレシートを保存して金額を打ち込み、食費や日用品に分類して計算して…と、きちんと家計簿を付けようとすると手間がかかっていました。

それが今では、クレジットカードで支払えば後は自動的に家計簿ができているという便利なアプリが登場したおかげで、とても楽になりました。

キャッシュレスでの支払いに切り替えてから家計全体を把握できるようになったので、よりお金に対する関心が高まったように感じています。

スマホの家計簿アプリはいくつかありますが、マネーフォワードは理想の家計と比較した「家計簿診断」が見られるので、毎月の反省材料になってとても便利です。

今まで自分でつけていた家計簿よりもはるかに楽で高機能な上、で使えるのでおすすめです。


ただし、自分の全財産の情報が筒抜けになるのが怖いという人は、アプリに連携させる口座を絞ってみてもいいかもしれません。

スマホから誰にでも見えてしまう危険性は十分にあるので、パスワードの管理はしっかり行いましょう。

まとめ

共働き夫婦の家計管理方法について紹介しました。

私のおすすめは、共通の財布を作り、スマホアプリで家計の状況を簡単に見られるようにすることです。

また、お小遣い制ではなく、定額をまとめて共通口座に入れるようにしたことで、貯金のスピードも速くなりました。

「お小遣いを使いすぎ」という理由での夫婦げんかも無くなったので、夫婦仲を保つためにもおすすめです。

共働き家庭が毎月貯金するには、無理せず続けられる方法が一番だと思うので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA