おうち時間で自分磨き!美容家電特集

福士蒼汰は関西弁がめっちゃうまい!英語など語学堪能な理由とは?

先日、「ちょっと今から仕事やめてくる」という映画を観ました。

ブラック企業に就職してパワハラを受ける主人公(工藤阿須加)が、山本(福士蒼汰)と出会うことで変わっていくというストーリーです。

仕事を通して、人間にとって本当に大事なことは何なのかということまで考えさせられました。

その中で福士蒼汰が話している関西弁が、とても自然なのです。

要は、福士蒼汰の関西弁めっちゃうまいやん!というだけの記事です

福士蒼汰の関西弁が上手

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/01/kiji/20171101s00041000258000c.html

映画の中で、福士蒼汰演じる山本は関西に住んだことがある設定になっており、登場シーンからバリバリの関西弁を話しています。

関西以外の人が話す関西弁を聞くと、いつも何だかぞわっとするような気持ちになるのですが、福士蒼汰の関西弁はとても自然に聞けました。

じつは関西出身なのかな?と思って調べると、東京生まれとのこと

関西弁の才能がすごい!

福士蒼汰の関西弁が上手い理由

ネットのインタビューでは、以下のように話しています。

初めて大阪弁の役に挑戦しました。“朝ドラ”の『あまちゃん』(2013年)で久慈(岩手県)の方言を話したとき以上に、大阪弁は難しかったです。でも、英語もそうですが語学を勉強するのは好きなので、楽しんでできました!

NEWポストセブンより引用

もともと語学を勉強するのが好きなんですね!

福士蒼汰は英語も堪能

福士蒼汰は英語も堪能なことで知られています。英検2級を取得しており、独学でスピーキングも習得したそうです。
第9回ローマ国際映画祭では英語のスピーチを披露していました。

どうやって独学で習得したのかというと、単語をひたすら口に出して覚えるという方法だそうです。
何度も繰り返し発音することで、話し方を自然に体得しているとはすごいですね。
また、語学が堪能な人はもともと耳が良いというのもポイントだと思います。

努力家の一面が伺えます!

福士蒼汰の語学力が分かるおすすめの作品

ちょっと今から仕事やめてくる

海外で仕事をしている役柄のため、冒頭で英語を話しています。
また、全編を通して関西弁を話しているので、関西フェチの人にもおすすめです。

あまちゃん

岩手県の久慈の方言が聞けます。流行語にもなった「じぇじぇじぇ」で有名ですね。
素朴な雰囲気の福士蒼汰が見たい人にぜひ!

名探偵コナン 異次元の狙撃手

日系アメリカ人のケビン・ヨシノ役として声優で出演しています。
共演したパックンマックンのパックンにレクチャーを受け、英語を練習していたそうです!

福士蒼汰の作品に注目!

日本の作品ではなかなか英語を披露する機会は少ないかもしれませんが、海外デビューにも期待したいです。

ぜひ英語を話す役をオファーしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA