おうち時間で自分磨き!美容家電特集

キャッシュレス生活はポイントが貯まってお得?実際にやってみたメリット・デメリット

キャッシュレス化が進んでいる

2020年の東京オリンピックに向けて、キャッシュレス化がどんどん進んでいるようです。

海外ではすでに現金が廃れつつあり、中国では6割、韓国では9割近くの決済がキャッシュレスで行われているというデータもあります。

私自身まだまだ現金での支払いが多かったのですが、これを機にキャッシュレス生活に切り替えてみることにしました。

ほんとに現金なしで生活できるのかな?

実際に体験してみた際に感じたメリット・デメリットを紹介しますので、参考にして頂ければ幸いです。

キャッシュレスを実践して感じたメリット

買い物でポイントが貯まる

クレジットカード決済の場合、カード会社によって利用額に応じたポイントが付与されます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度となっており、例えば5万円の買い物をクレジットカードで支払うと、250円分返ってきます。

カードで支払うだけで自動的にお得になる!

おすすめは楽天カード

私のおすすめは、ポイント還元率の高い楽天カードです。なんと、一般的なカードの2倍の1%が還元されます。

毎月の公共料金の支払いなどをクレジットカード払いにすれば、勝手にポイントが貯まっていくのでおすすめです。

100円につき1円相当のポイントがつくので、毎月5万円支払えば500円が返ってくることに。

楽天カード払いですべての買い物が1%オフに。

楽天カードは審査が緩くて、主婦や学生でも作りやすいとのこと!

ネットバンクで手数料節約

キャッシュレスに切り替えてから銀行に現金を下ろしに行く回数がかなり減り、メインバンクをネット銀行に切り替えることにしました。

切り替えてから気づいたのですが、ネット銀行は支店を持たない代わりにコンビニATMの手数料無料の回数が多く、逆に大手銀行よりも使える支店が増えて使いやすかったです。

ネット銀行は人件費が掛からない分、他行への振込手数料が無料だったり、金利が高いなどのサービスが充実。

ネット銀行はセキュリティが不安なイメージがありましたが、今のところ不自由を感じることはあまりありません。

むしろ、ネット銀行によってはATMでの引き出しの度に逐一メールで知らせてくれるところもあり、従来の大手銀行よりも安心感があります。

財布が軽い

現金を使わないようになると、小銭の量が減るので財布が軽くなります。

レジで小銭を数える手間がなくなるので、買い物の時短にも!

さらに、キャッシュレス生活を始めてから小銭貯金をするようになりました。

これは、現金しか使えなかったお店でもらったお釣りを強制的に貯金していく方法です。

こうすることで財布がいつも軽い状態になり、また、知らず知らずのうちに貯金もできているのでおすすめです。

アプリとの連動で家計簿が楽に付けられる

スマホの家計簿アプリで家計管理をしているのですが、キャッシュレスにしてからかなり作業が楽になりました。

クレジットカード情報をアプリに連動させれば、リアルタイムで家計簿にも連動して反映されるため、勝手に家計簿が出来上がっています。

今ではたまに現金で支払った時にしか自分で入力しなくて良いので、家計簿を見るのが楽しみになりました。

家計簿アプリとクレジットカードを連携させることで、自動で家計簿をつけてくれる!

キャッシュレスを実践して感じたデメリット

全財産を持ち歩いているのと同じ

クレジットカードや、スマホで振込ができるネット銀行アプリは、便利な反面悪用が心配でもあります。

現金ならばその金額の価値しかありませんが、クレジットカードやネット銀行アプリは口座に入っているすべての金額を動かせるため、全財産を持ち歩いているのと同じといっても過言ではありません。

キャッシュレス生活は現金より危険な場合

ただし落としたと気づいた時点でネットから利用停止にできたり、不正利用を補填してくれたりする場合もあるので、逆に安心という見方もできます。

現金しか使えないお店も多い

キャッシュレスでは、クレジットカードや電子マネー、アプリ決済などを利用します。

大手の小売店やコンビニ、スーパーではほぼ使えるので普段の生活に支障はないのですが、まだまだ現金しか使えないお店も多いです。

たとえば、個人経営のレストランや雑貨店など、小さいお店は対応していません。

100円ショップの大手・ダイソーなどでも現金のみしか使えない!

このように、大手のお店でも現金のみの場合があるので、常にある程度の現金は持ち歩いた方が無難です。

割り勘の際に困る

スマホの決済アプリなどでは、「割り勘機能」が付いているものもあって便利です。

しかし、全員がそのアプリの利用者でないと割り勘できないためなかなか使い勝手はよくない場合が多いです。

また、クレジットカードにはもちろん割り勘機能は付いていないので、飲食店などで割り勘をするときには現金が必要です。

ただし、全員分をまとめてクレジットカードで支払って後で現金で回収するという手を使えば、高額のポイントが手に入ります。

カード払い可能なお店であれば、

率先して幹事を引き受けるとポイントが儲かる!

みんなにも感謝されて一石二鳥!

停電時には使い物にならなくなる

キャッシュレス決済は何らかの電子機器を使うため、停電してしまうと何も買い物ができなくなってしまいます。

もしもの時のために、多少の現金は持ち歩きましょう。

災害時にはキャッシュレスは使用不能に

キャッシュレスで信用を貯めよう

クレジットカードは、どのお店で何を買ったかという情報がデータとして記録されてしまうので、セキュリティ上で不安を感じるという人は多いのではないでしょうか?

また、便利な家計簿アプリも自分の全財産が把握できるメリットはあるものの、少なくともアプリ作成者にはその情報が知られていると思うと、怖い気がします。

口座の内容が知られていると思うと不安かも…

しかし、これからの世の中、すべての情報を守りながら生きていくのは不可能なのではないでしょうか。

次世代通信の5Gが運用されれば、家電がインターネットにつながるIoTなどもどんどん普及します。

そういった時代の流れの中だからこそ、情報が知られることは避けられないのを逆手にとって、逆に信用を積み上げる方向に利用していけばいいのではないかと思っています。

「クレジットカードの支払いをきちんと滞りなく行う人物」という実績を積み上げれば、自分の信用力が高められます。
キャッシュレス決済できちんと支払いすれば、信用力を高められる。

実際に、中国では信用情報管理システム「芝麻信用」が普及しており、個人の支払いの履歴に応じて、信用力が350~950点でランク付けされます。

ランクが高ければ、就職や結婚に有利になったりするようです。

日本が同じようなシステムになるかはわかりませんが、キャッシュレス決済で信用力を高めておいて損はないのではないでしょうか?

 

※2019年7月7日追記

LINEが信用スコア事業「LINEスコア」をスタートさせました。

対話アプリ利用者の関連サービスの利用状況などに応じて100~1000点までの間で点数を付けるという仕組みで、点数が高ければカーシェアや旅館予約で割引などのサービスが受けられます。

ついに日本でも信用点数が付けられるのか…

メリット・デメリットの双方を

利用者にきちんと説明してほしいところ。

まとめ

普段の買い物の会計をすべてクレジットカードに切り替えてみましたが、意外とすんなりと馴染めました。

買い物でポイントが付くと考えると、ゲーム感覚でカードを使えて楽しかったです。

ただし、まだまだ現金しか使えないお店も多いので、最低限の現金は持ち歩くのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA